ニップロの核と呼べるものは「慈悲」の心

【慈悲ベースのお仕事】

「慈悲」という言葉にどんなイメージを持ちますか?
普段使いする言葉ではありませんが仏教用語で慈=苦しみを癒し救ってあげたい。悲=楽しみ喜びを与えてあげたい。という意味なのですがニップロの資格講座はどれも「慈悲」がベースになっています。

出生期心理アドバイザー資格講座で学ぶ内容は、
今まさに「ママ」という役割に悩んでいる人や、わが子にどう接して良いかわからないママ、人間関係の問題や苦しみに対して楽しく学び「こんな視点を持ってみるとどうかな?」という選択肢を差し出せる講座です。

まさに「慈悲」がベースの講座です。
もちろん子育てが楽しくて仕方がない人にも、もっともっと楽しくなるから学んでほしいところ♡

子育ては沢山の「こうするといいよ」がありますが、もちろん、最終的に決めるのはママ本人です。
だからこそ、溢れかえる情報の中からできるだけ「まちがえたくない」ものを選択したいのです。

「なぜ、そうする事が良いといえるのか?」に対して、ちゃんとした「根拠」が示せるもの=それは信頼に値します。

この「根拠」の部分を世界中の最新の脳科学、精神科医、産婦人科医らの研究内容や学術論文、ニップロ独自の研究からしっかりと学び、より良い関わりを根拠を持ってお伝えするのが「出生期心理アドバイザー」です。

ご自身の子育て経験を生かした副業や、医療福祉、教育現場や赤ちゃんや子育て母子の支援に関わるお仕事の現場でも活かされています。

他カウンセラーやセラピスト等心身のケアに関わる民間資格の方もサロンメニューに活かしています。

そして、パートナーとの愛をより一層深めるためにも、是非学んで頂きたい講座内容です。
実際に受講した方の多くは「ある経験」をしています♡

ご興味を持って頂けましたら、是非、
予約サイトから見てみて下さいね♡


https://coubic.com/nippro/238073

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です