ニップロの核と呼べるものは「慈悲」の心

【慈悲ベースのお仕事】

「慈悲」という言葉にどんなイメージを持ちますか?
普段使いする言葉ではありませんが仏教用語で慈=苦しみを癒し救ってあげたい。悲=楽しみ喜びを与えてあげたい。という意味なのですがニップロの資格講座はどれも「慈悲」がベースになっています。

出生期心理アドバイザー資格講座で学ぶ内容は、
今まさに「ママ」という役割に悩んでいる人や、わが子にどう接して良いかわからないママ、人間関係の問題や苦しみに対して楽しく学び「こんな視点を持ってみるとどうかな?」という選択肢を差し出せる講座です。

まさに「慈悲」がベースの講座です。
もちろん子育てが楽しくて仕方がない人にも、もっともっと楽しくなるから学んでほしいところ♡

子育ては沢山の「こうするといいよ」がありますが、もちろん、最終的に決めるのはママ本人です。
だからこそ、溢れかえる情報の中からできるだけ「まちがえたくない」ものを選択したいのです。

「なぜ、そうする事が良いといえるのか?」に対して、ちゃんとした「根拠」が示せるもの=それは信頼に値します。

この「根拠」の部分を世界中の最新の脳科学、精神科医、産婦人科医らの研究内容や学術論文、ニップロ独自の研究からしっかりと学び、より良い関わりを根拠を持ってお伝えするのが「出生期心理アドバイザー」です。

ご自身の子育て経験を生かした副業や、医療福祉、教育現場や赤ちゃんや子育て母子の支援に関わるお仕事の現場でも活かされています。

他カウンセラーやセラピスト等心身のケアに関わる民間資格の方もサロンメニューに活かしています。

そして、パートナーとの愛をより一層深めるためにも、是非学んで頂きたい講座内容です。
実際に受講した方の多くは「ある経験」をしています♡

ご興味を持って頂けましたら、是非、
ニップロオンラインから是非、のぞいてみて下さいね♡


https://coubic.com/nippro/238073

「誰かとふれあっていますか?」

私たち「人間」を含むほ乳類は、誕生までの間、お母さんの子宮で過ごします。

子宮は温かく、柔らかく、その中で裸ん坊の赤ちゃんは子宮の内膜と皮膚をこすり合わせながら「ふれあい」を味わって過ごしています。

子宮内で味わう「ふれあい」は究極の心地良さです。

そして、おぎゃーと産まれたその瞬間から温かかった子宮内から卒業して、お母さんの胸に抱かれて育っていきます。

しかし、子宮の中とは違い、お母さんと赤ちゃんの間には

衣服という「隔たり」が登場します。

子宮内膜と敏感な皮膚とが直接ふれあっていたのに、その心地よさは誕生後、もう二度と味わえないのです。

だけど、赤ちゃんの脳と皮膚はしっかりと記憶しています。

あの、温かで滑らかな皮膚と皮膚のふれあいによる究極の気持ちよさと何ものにも遮られない安心感の極みのひととき。

ニップロのベビーマッサージ&タッチケアインストラクター資格講座では、人は命が誕生したときからふれあいが欠かせないことを学び、胎児期・乳幼児期に十分なふれあいを受けた子どもは、将来にわたり計り知れない恩恵を受けることを、最新の脳科学、皮膚学、発達心理学、解剖生理学・社会背景も踏まえながら、理論と実技の両方をしっかり学びます。

また、ベビーだけではなく、学童期・思春期・青年期〜高齢期と、まさにゆりかごから墓場まで一生涯ふれあうことは必要不可欠です。

ふれあいがもたらす多くの恩恵を、あなた発信で一人でも沢山の人々に♡

水面に描く波紋のように広げる活動を行える素敵な素敵なインストラクター資格講座です。

2020年、最初の東京本部開催は、

2020年3月20日(金・祝)10時〜17時

東京都千代田区永田町ニップロ東京本部にて。

子育て経験や専門職を生かした副業や、ボランティア社会貢献活動、起業独立して本業としてのお仕事にも、幅広く活動頂けます。

ご興味持って頂けましたら是非こちらのニップロオンラインから詳細のぞいてみてくださいね♡

https://coubic.com/nippro/311723

【重要】新型コロナウイルス対策について

※新型コロナウイルス対策について※

当協会では、各資格講座の定員を8名までに限定しております。

少人数開催のため、教室内で不特定多数との接触はございません。また、少しでも体調に不安のある方や、感染者との濃厚接触の疑いがある方の受講はご遠慮いただいております。

教室入室時は、靴の消毒、手洗い・次亜塩素水による消毒・加湿、マスク着用にご協力をお願い致します。

※新型コロナウイルスにして国からの指示・規制等ありましたら随時更新致します。